ご挨拶


株式会社リスペクトは、2002年創業以来、いついかなるときも誰と接するときも、〈企業理念〉「信頼・尊重・誠を尽くす」コミュニケーションを大切にし、〈使命〉「リスペクトは個人を信頼・尊重し『個の使命決定力を高めることで企業、そして社会に貢献します』」の一点に集中し続けることで存在させていただいております。具体的には、「個」が「組織論」の中に埋没してしまうことなく主体的に「組織」を活かす関係を実現することにございます。

 

その実現のために、いくつかの視点を共有させていただければと存じます。

 

弊社がお付き合いさせていただいている成長企業には、その企業ならではの突出した特徴(存在意義・強み)が明確に存在し、「個」が共感している関係があります。その特徴を徹底して磨き続けることで、他社との明確な差別化となりお客様からの評判・期待・信頼を得ることにつながっているようです。

 

「共感」は、共通部分があることで起こります。したがって、

 ■「個」が自分自身の特徴(存在意義・強み)を自覚していることと、

 ■「企業」が自社の特徴(存在意義・強み)を明確にしていること

この両方が必要となります。この双方からのアプローチをとても重要と考えています。

 

特徴(存在意義・強み)は「個」と「企業」双方で意識して磨き続けないと、いつの間にか平均化されてしまい、差別化できなくなります。組織が大きくなり、拠点が分散すればするほど、平均化は起こりやすくなります。平均化すると、何が我が社の特徴(存在意義・強み)なのかが不明確となり、お客様から得ていた評判・期待・信頼を失い伸び悩むことになります。

 

弊社では、上記視点に「共感」いただき、その実現にサポートが必要とお考えの企業様との関係作りを切に願っております。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 株式会社リスペクト 代表取締役社長 岡田裕二