新創業理念づくりプロジェクト

新型コロナウィルスの世界的感染が、これまでの延長線上のビジネスプロセスを通用させない事態を起こしているように感じます。

振り返ると、それぞれの企業にスタートがあります。時代に合った「本質的な存在意義」を自らに問い、明らかにし、確信を持ってビジネスをスタートし現在の姿を実現しました。

今、私たちは“来る未来”に備えるため「我が社はその時代に何のために存在するのか」を再度問いかけ、今「持ち合わせている強み」をどの方向に発揮することが最善なのか。全社員で確信を持ち前進する必要があると考えます。