個も法人も存在意義の規模通りに確実に存在する

世界的ベストセラー「サピエンス全史」(歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリ教授)の「第2章 虚構が協力を可能にした」で「認知革命」に触れ、人類だけが架空の事物「虚構」について語る能力を獲得し、共通の「虚構(神話)」を紡ぎ出し「協力する」という空前の能力を得たことが現代につながっていると記しています。「虚構」を前提に「協力」し成長する象徴的事例としてプジョーという会社を「プジョー伝説」という項で取り上げています。

現代の私たちも「理念(現実化したい理想とする今~未来)」を掲げ、それを現実化し社会貢献に繋げることで経済的に成立する優れたシステムの中で生きています。この経済システムも人間の想像力が創り上げました。

このシステム下では「個」も「法人」も「理念の現実化(存在意義)の規模」通りに必ず成立します。そして、「理念」は「個」と「法人」の数だけ存在します。つまり、全ての人と法人が経済的に成立するということです。

Respect社は、全ての人と法人が安心して「理念」に集中できる社会を実現したいと考えています。

 

誤解

  • 企業理念はコピーライターが作る
  • 企業理念は宣伝文句
  • 企業理念は掲げるもの
  • 企業理念は周年事業の記念に変更するもの
  • 企業理念と経営計画は別物
  • 企業理念と事業活動は別物
  • 企業理念は浸透させるもの

などなど、企業理念に関する間違った解釈が企業経営を脆弱にしているように感じます。


Respect,incが考える正解

  • 企業理念を売っている
  • 企業理念という本質が商品やサービスとして現実化している
  • 企業理念を売ろうとするとやる気になる
  • 企業理念を売ろうとすると商品やサービスが着実に売れる
  • 企業理念を売っているといつの間か浸透している

などなど、いろいろあります。

あなたが仮に創業するとします。スタート時には「理念」しか存在していません。実績も商品もサービスも現実化していない「理念しかない個」に投資家や金融機関はお金を出します。つまり「理念」を買ってもらうことが事業活動の「本質」ということになります。

「顕在化した商品・サービス」を売っているように見えますが、実は売っているのは常に「理念」であるということです。

「理念」を買いたいというマーケットが必ず存在するという確信から「お金」が動き始め増えていく仕組みが経済です。

「法人」は「理念」に「協力」する「人」が集まることで起こります。したがって、「理念を確信する人の数」=「理念の規模」=「業績」となり、その規模で経営は必ず成立するのです。