理念を使う

どんなに素晴らしい理念も使わなければ意味がありません。

「使いやすい理念」「使うと儲かる理念」「使いたくなる理念」にするポイントは、アプローチの方法を変えるだけです。