「経験」がなぜマネジメントを邪魔するのか

「経験」は、個々違います。したがって、業績を挙げているAさんと、Bさんが「経験」に基づいて言うことには違いが出ます。Aさんがマネジャーとして言い続けてきた「経験」を学んだ部下の拠点に、Bさんがマネジャーとして異動して来てBさんの「経験」を教えられたら部下が戸惑うのは当然です。

「経験」の背景は誰にとっても共通の「本質」が潜んでいます。マネジャーは「本質」を顕在化して伝えることが重要なのです。