· 

企業理念の効⽤

■同じ採⽤基準で⼊社し、同じ研修を受け、同じ上司の下で、同じ商品を、同じ価格で、同じマーケットで営業活動をスタートした新⼊社員同期同⼠の業績差が⼀年後、⼤きくが開いていることは普通に起こります。その差は、2年、3年、時を経るとともに圧倒的な差になります。これは私⾃⾝の経験でもあります。つまり、業績差は、能⼒、研修、上司の影響でないことがわかります。

これが、私が「理念」の重要性にはじめて気づかされた体験です。

 

■要するに「理念を売っている」のか「商品を売っている」のかの違いです。「商品を売る⼼理」には誇張など多少の嘘による負い⽬が存在します。「理念を売る⼼理」には純粋な前向きさしか存在しません。多少の嘘を本当のように伝えようとする⼩⼿先の能⼒を伸ばすのか、純粋で本質的な能⼒を伸ばし続けるのか、の違いとなります。このように業績差は必然的に起こっているだけでした。

 

■「商品開発」「マーケティング」など戦略策定を「商品を売る⼼理」で⾏うと顧客の表層的な欲求に応えようという⼩⼿先の戦略となります。「理念を売る⼼理」で⾏うと顧客も含めた⼈(社会)の本質的欲求に我が社らしく応えることができるという確信した戦略となり、⾃ずと成否が決まります。

 

■「商品を売る⼼理」=「売れることが喜び」となり「無責任」が起こりやすくなります。それが今そこここで起こっている不祥事の⼤きな原因と感じます。「理念を売る⼼理」=「安⼼信頼を得続けることが喜び」となり「責任」が普通に起こります。この差は顕在化しにくいので⾒えにくいのですが、すべての⼈が必ず気づいてしまいます。

 

■「利益」は「会社経営」にとっても「社会経営」にとっても絶対に必要です。そして、「理念」が⽣み出す「利益」が「会社」「社会」を永続的に成⻑させる源となっているという本質から⾒ると、「理念を売る能⼒」を⾼めることが「儲かる」ことにつながることを実体験からも確信しています。

 

※2018年11月26日(月)12月6日(木)セミナー開催します。