エネルギーに限界はない

 

産業革命は、エネルギー変換における革命だった。エネルギーが不足しないことは明らか。唯一の限界は私たちの無知。化石燃料に蓄えられているエネルギー量は、太陽が毎日無料で与えてくれるエネルギーに比べれば微々たるものに過ぎない。重要なのは、私たちの必要性を満たすために、そのエネルギーを変換するために必要な知識なのだ。(歴史学者 ユヴァル・ノア・ハラリ)