マズローの5段階欲求説活用法(Respect,inc.的解釈)

「現段階の欲求の満足で、はじめて次の段階の欲求に向かうことができる」という理解が一般的かと思います。

現在の日本の環境では「生理的欲求」「安全の欲求」「社会的欲求」「承認欲求」「自己実現の欲求」を満たすための外部環境は凡そ整っていると思われ、各欲求の満足は各自内面の解釈次第ではないかと考えます。

上記を前提に推測するに、現段階の欲求を満たすことに奔走している人はそのことに取り込まれ、上位欲求階層に向かう意欲を自ら失っているように見えます。ピラミッド型の図は各階層毎の人数比も表現していて、この比率で社会ができているようにも見えてきます。仮にこの解釈が正しいならば構造的に貧富の差に象徴される格差は永遠に埋まらないのではないかと心配になります。

自分が欲求を満たすプロセスで得た独自の知見を他者と共有することで他者も自分も良くなるとしたらどの階層の欲求段階にいたとしても「5段階欲求」が同時に満たされそうです。

私は起業して生理的欲求を満たすことに奔走し、その過程で自分の心の中に起こった様々な反応を整理し得た知見を他者に伝えることで今の自分が存在していることを実感しています。

そもそも、個が生きる中で経験することは唯一無二です。民主的な社会では、その知見を自分も他者も良くなるアイディアに変換し共有する連鎖で社会が発展するシステムになっているのではないかと経験を通して感じます。