04/26/2022
努力しても報われるわけではないし 報われないわけでもない 確かなのは コントロールできないこと だから、 努力する行動量を増やす必要がある そして、 確率を高める行動の質を高くする必要がある 社会には利他システムが働いている 利己は質を低くする 利他は質を高くする なぜなら、 植物が花を咲かせるシステム...
04/26/2022
ネジはつなぐ物の形状に応じた形状に変化していて違うように見えるが、「つなぐ」という目的と「時計回りに回す」という方法は世界共通。 理念は表現される言葉が違いそれぞれ違うように見えるが、「社会貢献=最大利益を継続的に得る」という目的と「理念に沿って動かす」という方法は世界共通。 これが「理念ネジ理論」の前提条件...
04/15/2022
「自分の行為の結果はコントロールできない」という地点にたどり着く。そこでは相手に対する過干渉は遠ざけられ、任せることや信頼することの重要性が見出される。計画通りに進むことより、予想外の生成を楽しむ。 東京工業大学「利他プロジェクト」(「利他とは何か」(集英社新書)より抜粋)...
03/01/2022
今のありのままのアナタが 最高に魅力的なのです アナタにしかできない アナタだけの経験による アナタだけの気づきを 社会に役立てて欲しい そのために まず アナタのありのままの魅力に アナタが気づいて 今のアナタの魅力を 自信を持って決断し 今に生かして欲しい そして 今に生かした経験が 更に アナタの魅力を増していくのです
02/01/2022
簡単にまとめると、 社会起業家に出資しグループ化。 出資を受けた経営者が、新たな社会起業家のプレゼンを受け、全員賛成で出資を決定。 各社は可能額を出資する。 「恩」の連鎖で起業家を増やす取り組みのニュースでした。 このニュースを見て、 山口 周氏の「武器になる哲学...
01/01/2022
ー未来を予測する最善の方法は、それを「発明」することだーアラン・ケイ(1940ー)...
12/03/2021
■ルールやシステムで人の行動をコントロールしようとすると自ずと「疎外」が発生する。 ※「疎外」とは目的とシステムの間に想定された主従関係が逆転し、システムが主となって目的を従属化させることで起こる。(人事評価制度システムetc.) ■「資本市場」は人間が作り出したが、そのシステムに人間が振り回されている。...
11/03/2021
「企業理念で儲かるのか?」 こんな疑問の声を聴き続けて20年目を迎えます。 結論、 「企業理念があるから永続的に儲かる変化対応が可能になる」 が確信です。 「企業理念」を活用しない経営は環境変化に翻弄されます。 「企業理念」を活用する経営は環境変化に合った「確信ある変化対応」を自然に行います。 何としても伝え続けなければなりません。...
09/28/2021
思考に気をつけなさい、それは、いつか言葉になるから。 言葉に気をつけなさい、それは、いつか行動になるから。 行動に気をつけなさい、それは、いつか習慣になるから。 習慣に気をつけなさい、それは、いつか性格になるから。 性格に気をつけなさい、それは、いつか運命になるから。 (マザー・テレサ) 心が変われば行動が変わる。...
09/27/2021
「思考は行動のためにある」(ウィリアム・ジェームズ) という言葉に触れシンプルに共感しました。 企業業績は「行動」でのみつくられます。 一貫して「信頼され業績が必ずあがる“行動”」は、 一貫した「信頼され業績が必ずあがる“思考”」でのみ起こるということです。 「思考」が一貫するには 「思考」のスタートとゴールが一貫しているということです。...

さらに表示する